米国エネルギー・インフラ関連の米国株銘柄(公益株)[最新]

目次

株価の下落局面に強いディフェンシブ銘柄

株価が下げ始めたらどうすればいいのでしょうか?一般に株価が下げ始めると、最も上昇した銘柄ほど大きく下落すると言われます。そこに、ファンドやETFの解約などが加わると、保有銘柄は有無を言わさず投げ売りが始まります。下げ局面で買い手が現れる銘柄であれば、下げはきつくありませんが、小型株などは、真っさかさまに下落することになります。

下がり始めたら、グロース系のハイテク銘柄は、中長期で利益を出し続けると見込まれる銘柄以外は、一旦利食い(損切りでも)した方がいいと思います。実際には塩漬けになることも多いです。NASDAQとかは特に大きく売られることになると思います。NASDAQ指数のリバースETFを組み入れてもいいかもしれません。また、ディフェンシブ銘柄への銘柄入れ替えというのも、機関投資家の間では出てくると思います。ディフェンシブ銘柄が含まれるセクターでは、以下になります。

  • 公益企業(電気、ガス、上下水道、汚染処理)
  • 日用品、食料品
  • ヘルスケア(医療サービス、医薬品)
  • 教育

など景気に左右されにくい業種が相場下落時には比較的下げに強いとされています。また、配当利回りの高い銘柄も下げに強いとされています。高配当銘柄については、後レポートを参照してください。

米国の公益企業(バリュー株銘柄)

公益企業にはどのような銘柄があるでしょうか?公益企業と言ってもいろんな企業があります。昨年から今年初めに流行ったクリーンエネルギー関連などは公益企業になかでも、グロース銘柄になります。また、一般の電力会社は、配当も高い銘柄が多くバリュー銘柄として見られています。また、過去1年間非常に急成長をして株価が上昇基調を続けている公益企業はモメンタム銘柄として圧われています。いくつか代表する銘柄を紹介します。

公益企業群のなかでもバリュー株とされる企業(バリュー)があります。これらは、12ヶ月の株価収益率(PER)が最も低い公益企業の銘柄です。利益は配当や自社株買いという形で株主に還元されるため、低いPERは利益1ドルあたりの支払額が少ないことを示しています。

Sempra Energy (SRE)

センプラ社は、発電、天然ガスの供給、天然ガスパイプラインの運営を行うエネルギーサービス持株会社です。センプラ社は、長年にわたる株主還元の実績を持つ、堀のある公益事業・エネルギーインフラ企業です。同社のOncor事業は非常に好調で、再生可能エネルギー(風力発電や太陽光発電)やLNGプロジェクトによる成長の起爆剤を持っています。

Sempra Energy (SRE)の株価推移

出所:Yahoo.com/finance

UGI Corp. (UGI)

UGIは、国内および海外でエネルギー製品やサービスを提供している。米国では、(1)プロパンガスの小売販売事業、(2)天然ガスおよび電気の配電事業、(3)エネルギーマーケティング、中流インフラ、貯蔵、天然ガス収集・処理、天然ガス生産、発電およびエネルギーサービス事業を所有・運営しています。欧州では、LPGやその他のエネルギー製品・サービスの販売・流通を行っています。同社は、5月上旬に四半期配当を4.5%増額することを発表し、34年連続で増額しています。

UGI Corp. (UGI)の株価推移

出所:Yahoo.com/finance

Entergy Corp. (ETR)

エンタージー社は、電力の供給と配給を行う総合エネルギー企業です。エンタージー社は、米国の深南部で圧倒的な知名度を誇る電力会社です。再生可能エネルギーの開発に最も積極的な企業のひとつであり、今後10年間で急速にその優位性を高めようとしています。再生可能エネルギーは成長すると思われますが、電化による同社の成長にはあまり期待しない方が良いかもしれません。現在の配当水準を維持し続けることができると思われ、成長ストーリーが実現すれば、増配される可能性が高いと思われます。

Entergy Corp. (ETR)の株価推移

出所:Yahoo.com/finance

Algonquin Power & Utilities (AQN)

規制対象の公益事業(天然ガス、電気、水道)、非規制対象の再生可能エネルギー(風力、太陽光、水力、火力)、グローバルなインフラ事業を行っています。主に米国とカナダで100万件以上の接続を提供しています。また、再生可能エネルギーやクリーンエネルギーの施設も有しており、その大部分(90%以上)はインフレ・エスカレーションを組み込んだ長期契約に基づいています。昨年、アルゴンキンはESSAL社を1億6,200万ドルで買収し、さらにAscendant社も買収しました。ESSALはチリの水道事業者で、23万件の接続を追加しました。Ascendant社の主な子会社はBELCO社で、バミューダで唯一の電気事業者です。BELCOは規制された電力会社で、接続数は3万6,000件でした。

2021年第1四半期は、ESSAL社とBELCO社の両方が貢献した最初の四半期となり、調整後のEBITDAは17%増の2億8,290万ドルとなりました。また、同社の取締役会は、10%の増配を承認し、アルゴンキンの株主還元の優れた実績を維持しています。

歴史的に見て、アルゴンキンの収益成長は不安定でした。しかし、過去数年間は、同社が資産ベースの多様化に伴い規模を拡大してきたため、安定してきています。同社は、カナダで最も急速に成長している公益事業会社の一つであり、今後もキャピタルゲインと配当収入の両面で堅調な収益を上げていくと思われます。

Algonquin Power & Utilities (AQN)の株価推移

出所:Yahoo.com/finance

The York Water Company (YORW)

ヨーク・ウォーター・カンパニーは、1816年から継続して事業を行っている、米国で最も古い投資家所有の水道会社です。ヨークウォーター社は、200年以上にわたって株主への配当を継続しており、今日まで24年間連続して配当金を増額してきました。非常に成熟した事業と予測可能なビジネスモデルにより、EPSが非常に安定的かつ緩やかに成長しており、10年間のCAGRは6.7%です。今後の成長要因としては、顧客数や配電施設の増加、廃水システムの買収などが挙げられます。大不況やCOVID-19パンデミックの時のような潜在的な不況の影響を受ける可能性は低いと思われます。同社は、他の公共事業や自治体などとの直接的な競合が実質的にない独占的なフランチャイズ地域内で事業を展開しており、ビジネスモデルにさらなる安全性をもたらしています。

The York Water Company (YORW)の株価推移

出所:Yahoo.com/finance

American States Water Company (AWR)

アメリカン・ステイツ・ウォーター・カンパニー社は、カルフォルニアを中心に、ユーティリティー(主に水、一部電気)とサービス(いくつかの米軍基地での廃水サービス)を展開しています。66年連続で増配している配当王です。2011年から2020年の間に、アメリカン・ステイツ・ウォーターは、1株当たり利益を年率7.6%で成長させました。前回の金融危機の際にも収益性を高めることができたことから、アメリカン・ステイツ・ウォーターの収益性は周期的なものではないことがわかります。規制当局は、同社が成長プロジェクトや保守プロジェクトへの支出を促進するために、長期的に料金を引き上げることを認めています。同社は、米軍基地での廃水サービスの契約を獲得することで、サービス事業を強化しています。米軍基地の廃水サービスの契約はそれぞれ50年に及ぶため、そのような契約を1件獲得することで、数十年に及ぶ非常に安全な収益源を得ることができます。

American States Water Company (AWR)の株価推移

出所:Yahoo.com/finance

American Water Works Company, Inc. (AWK)

米国で最大かつ最も地理的に多様な上下水道公益事業会社で、46州の1,500万人以上の人々に飲料水や廃水、その他の関連サービスを提供しています。同社の規制事業には、53,000マイルの配管、609の浄水場、150の廃水施設、110の井戸、75のダムが含まれます。経営陣は、同社の将来の収益成長を予測するのではなく、今後数年間でEPSを年率約7~10%成長させるという見通しをすでに発表しています。

その内訳は、規制された投資による設備投資が5~7%、規制された買収が1.5~2.5%、市場ベースの事業が~1%です。EPSの成長には料金ベースの増加が含まれており、同社では今後年率7〜8%で成長すると推定しています。現在、約57%の健全な配当性向を誇っています。事業の多様性と将来のキャッシュフローの予測が可能であることから、同社は今後数十年にわたって収益を伸ばし、投資家に配当収入を提供し続けることができるでしょう。

American Water Works Company, Inc. (AWK)の株価推移

出所:Yahoo.com/finance

公益企業群のなかでも成長性の高い米国企業(グロース株銘柄)

これらは、直近の四半期における前年同期比の売上高成長率と、直近の四半期における前年同期比の1株当たり利益(EPS)成長率を半々にして企業を評価するモデルによってランク付けされた上位の公益事業関連銘柄です。売上高と利益の両方は、企業の成功に不可欠な要素です。そのため、どちらか一方の成長率だけで企業をランキングすると、その四半期の会計上の異常(税法の変更やリストラ費用など)の影響を受けやすく、どちらか一方の数値が事業全般を代表していない可能性があります。

Essential Utilities Inc. (WTRG)

エッセンシャル・ユーティリティー社は、米国の複数の州で住宅、商業、工業、公共の顧客に水道、下水、天然ガスのサービスを提供する規制対象の公益事業持株会社です。米国で2番目に大きな上場水道事業者で、10州で約500万人の顧客にサービスを提供しています。同社は76年連続で四半期配当を実施しています。さらに同社は29年連続で増配しています。同社は7月上旬に四半期配当を7%増額することを発表し、これは過去30年間で31回目の増配となります。この配当金は2021年9月1日に支払われる予定です。当社は、COVID-19の影響をほとんど受けなかった数少ない企業のひとつであり、水の総使用量は前年比0.8%増となりました。

Essential Utilities Inc. (WTRG) の株価推移

出所:Yahoo.com/finance

NiSource Inc. (NI)

NiSourceはエネルギー持株会社であり、その子会社を通じて、米国内の様々な地域の顧客に天然ガス、電力、その他のエネルギー製品やサービスを提供しています。天然ガスを供給するガス地域配電事業会社(LDC)5社とガスと電気の両方を供給するLDC1社の計6社の電力会社を91億ドルで保有する持株会社です。当社は、3.6%の配当、低いベータ値、確立された産業界の顧客基盤による長期的な成長、低コストの天然ガス供給、石炭からソーラーへの移行が予定されていることなどが特徴です。NextEra Energy(NEE)社と共同で建設した太陽光発電で石炭火力を代替することも期待されています。

NiSource Inc. (NI)の株価推移

出所:Yahoo.com/finance

Evergy Inc. (EVRG)

Evergy Inc.: 中西部のオール電化企業で、カンザス州とミズーリ州で160万人の顧客にサービスを提供しています。全電気事業者であるEvergy社は、天然ガス事業者が直面しているヒートポンプの競争激化に対処する必要がありません。実際、ヒートポンプは天然ガスではなく電気を使用するため、Evergy社はヒートポンプの使用量が増えることで利益を得ています。今後、分散型エネルギーとの競争が激化し、グリーンエネルギーへの移行に対応しなければなりませんが、Evergy社はこれまで非常に優れた業績を上げており、同社の株式は将来的に魅力的な投資対象となる可能性があります。

Evergy Inc. (EVRG)の株価推移

出所:Yahoo.com/finance

公益企業群のなかでパフォーマンスがもっとも良好だった米国企業(モメンタム株銘柄)

これらは、過去12ヶ月間で最も高いトータルリターンを得た公益事業銘柄です。

The AES Corp. (AES) 

AES社は、世界14カ国、250万人以上の顧客にスマートなエネルギーソリューションを提供するエネルギー企業です。複数の国で配電事業や発電所を買収、所有、運営しています。同社は規制された事業の下で顧客にエネルギーを販売し、また長期契約の下で電力を販売しています。安定したフリーキャッシュフローと収益の成長により、非常に予測しやすいものとなっており、市場のボラティリティーが上昇した際には人気となる可能性があります。AESは将来的に非常に野心的な目標を掲げているようで、2021年には4GWの再生可能エネルギーの導入を見込んでおり、これは2020年に報告された目標の2倍に相当します。AESのエネルギー総量の37%が再生可能エネルギーで占められていることを考えると、かなりの量の新規電力を供給することになります。同社は現在、合計30,308MWを稼働させていると報告しています。

The AES Corp. (AES) の株価推移

出所:Yahoo.com/finance

New Fortress Energy Inc. (NFE) 

ニュー・フォートレス・エナジー社は、LNG(液化天然ガス)インフラおよび物流の資金調達・建設・運営を行うエネルギーインフラ企業企業です。ブルー水素関連銘柄としても注目されています。同社は5月初旬に、2021年3月31日に終了した3ヵ月間である2021会計年度(FY)の第1四半期の決算を発表しました。同社の純損失は、前年同期の6,020万ドルから3,950万ドルに縮小しました。当四半期の売上高は、前年同期比95.5%増となりました。

最近FTAI(Fortress Transportation and Infrastructure LLC)との新たなゼロパークス合弁事業の開始を発表しました。この合弁会社は、NFEがクリーンで低炭素な燃料へのエクスポージャーを増やすものであり、長期的には大幅なアップサイドをもたらすであろう広大な市場機会を提供します。FTAI社は輸送に関する豊富な経験とインフラを提供し、NFE社は水素とクリーンエネルギーに注力しています。現状では、NFEが共同出資の75%を、FTAIが残りの25%を拠出し、長期的にはJVを独立した上場企業としてスピンアウトさせる計画です。FTAI社のジェファーソンターミナル(テキサス州ボーモント)では、すでに2つの初期プロジェクトが計画されており、いずれも21年第2四半期から第3四半期までにFID(最終投資決定)を目指しています。1つは再生可能なディーゼル燃料とジェット燃料の製造、もう1つは炭素を含まない水素とアンモニアの製造を目的とした、炭素回収を伴う青色水素の製造です。

New Fortress Energy Inc. (NFE) の株価推移

出所:Yahoo.com/finance

Brookfield Renewable Corp. (BEPC) 

ブルックフィールド・リニューアブルは、不動産、インフラ、再生可能電力、プライベート・エクイティ分野への投資を中心とした投資会社です。同社は、グローバルな資産とビジネスのポートフォリオを開発、管理しています。主な事業は、水力発電、太陽光・風力発電などです。MLPとしても別に上場しています。MLPのほうは、日本の証券会社では取り扱っていません。売買を行うのであれば、CorporateのほうのティッカーBEPCで行います。収益をほとんど投資家に還元するMLPと違い株式会社なので企業形態が違います。

Brookfield Renewable Corp. (BEPC) の株価推移

出所:Yahoo.com/finance

Waste Management (WM) 

ウェイスト・マネイジメント社は、米国最大のゴミ収集業者の一つです。巨大な市場シェアを持ち、持続可能な二重独占状態で運営されています。同社はゴミを回収して埋立地に運び、必要なものはすべてリサイクルするビジネスです。回収からリサイクルまでのエンド・ツー・エンドのソリューションを提供しています。アメリカ国内、主に東側で活動しています。全米の埋立量の26%というシェアを誇っています。最近、市場シェアの5%を占めていたAdvanced Disposal社を買収しました。競合他社として19%のシェアを持つRepublic Services(RSG)があります。こうした事業は規制面のこともあり他社の参入障壁は非常に高くなっています。同社の全ごみ回収車両の50%は圧縮天然ガスで稼働しており、そのうち40%は再生可能な天然ガスで稼働しています。

出所:Yahoo.com/finance

Republic Services, Inc.(RSG)

リパブリック・サービス社は、統合廃棄物管理サービスを提供しており、非危険物の固形廃棄物の収集、移送、リサイクル、廃棄、エネルギーサービスを行っています。米国西部に位置する地域、米国の南東部、中西部、東海岸に位置する地域で事業を営んでいます。その他、法務、税務、財務、情報技術、リスク管理、人事、閉鎖型埋立地、環境ソリューション、その他の管理機能なども行っています。

Republic Services, Inc.(RSG)の株価推移

出所:Yahoo.com/finance

Global Water Resources Inc.(GWRS) 

アメリカの水関連企業の中で唯一、毎月配当を行っている企業です。水関連企業は、キャッシュフローが非常に安定していると評価されます。これに毎月の配当という要素が加わることで、投資家の確実性やトータルリターンの予測が可能になります。

同社は、主にアリゾナ州フェニックス都市圏において、規制対象となる上水道、下水道、再生水事業を所有、運営、管理しています。アリゾナ州の水道市場は細分化されており、また、同州は現在、米国で最も住宅保有率が高い州であることから、グローバル・ウォーター社は有機的成長の大きな可能性を秘めています。

Global Water Resources Inc.(GWRS) の株価推移

出所:Yahoo.com/finance

米国公益関連銘柄の一覧表 (2021年8月19日時点)

2021/8/19価格($)PEREPS($)時価総額配当利回り1年間のリターン
バリュー銘柄
SRE131.9719.16.9142.34B3.33%2.9%
UGI46.2310.214.539.85B2.92%34.3%
ETR111.7918.176.1522.13B3.40%12.9%
AQN15.4213.841.119.58B4.43%11.20%
YORW50.2939.671.27653M1.49%9.71%
AWK181.7744.124.1232.65B1.33%26.30%
グロース銘柄
WTRG48.829.411.6612.01B2.20%11.1%
NI25.549.120.529.99B3.45%8.7%
EVRG68.619.743.4815.79B3.12%31.1%
モメンタム銘柄
AES23.64NA-0.2115.83B2.55%34.9%
NFE27.64NA-0.465.48B1.45%5.2%
BEPC41.34NA-13.114.85B2.94%27.0%
WM283.6991.513.1129.14BNA37.1%
RSG121.1234.523.5138.01B1.52%35.9%
GWRS19.13165.480.12428M1.53%62.8%

米国公益関連株銘柄が取引できる証券会社

日本の証券会社で購入できる代表的な米国公益関連株銘柄を調査しました。日本国内のネット証券会社(SBI証券、マネックス証券、楽天証券、DMM証券)はほぼ全て、IG証券のCFDも全ての銘柄が取引できます。

銘柄ティッカー楽天証券SBI証券マネックス証券DMM証券IG証券
SREありありありありCFD
UGIありありありありCFD
ETRありありありありCFD
AQNありありあり無しCFD
YORWありありあり無しCFD
AWKありありありありCFD
WTRGありありありありCFD
NIありありありありCFD
EVRGありありありありCFD
AESありありありありCFD
NFEありありあり無しCFD
BEPCありあり無し無しCFD
WMありありありありCFD
RSGありありあり無しCFD
GWRSありありあり無しCFD

株価の下落局面に強い米国株銘柄・セクターのご紹介

公益企業(電気、ガス、上下水道、汚染処理)、生活必需品(日用品)、食料品、ヘルスケア(医療サービス、医薬品)、教育など景気に左右されにくい業種が相場下落時には比較的下げに強いとされています。また、配当利回りの高い銘柄も下げに強いとされています。株価の下落局面に強いディフェンシブ銘柄をご紹介します。

最新情報をチェックしよう!