ARK ETFに暴落の兆し?急落の原因とは

ETF

キャシー・ウッド氏率いるARK社(アーク社・インベストメント・マネジメント)のETF(上場投資信託)が24日、不安定な値動きをしました。米国の債券利回りが上昇したことに加え、テスラ株などハイテク株下落に伴い同社が記録的な資金流出に見舞われたことが背景にあります。

革新的なETFで注目されるARK社(アーク・インベストメント)とは?

特にARK社の旗艦ファンドの「ARKK(ARK社・イノベーションETF)」は2月24日以降、大幅に下落しました。

ARK社のETF「ARKK」とは?どこの証券会社で購入できるの?【米国株投資】

ARKK(ARKイノベーションETF)は2月24日の取引で記録的な4億5600万ドルが資金流出しました。または以前の記録的な出口である1億4000万ドルの3倍以上を失いました。

ARK ETF「ARKK」のこの6か月の価格推移

2020年8月28日~2021年2月26日

出所:Yahoo.com/Financeより

過去6か月間の累計では、121.5億ドルの資金流入がありました。
出所:ETFDB.comより

ARK ETFの暴落はテスラ株の下落が原因

ARK社はテスラ株が下がっている局面で、テスラ株を買い増していっています。皮肉なことですが、テスラ株が下がっているので、ARK社のETFは売られています。ARKKは昨日3.3%を失い、2月12日以降の下落幅は9.1%になりました。この4月23日、ウッドとそのチームは、多くのARKのETF全体でテスラ株を追加で購入しました。

テスラ株の追加購入:

  • ARKK (ARKイノベーションファンド)に177,214株
  • ARKQ (ARK Autonomous Technology&Robotics ETF)に11,893株
  • ARKW (ARK Next Generation Internet ETF)に51,441株

2月22日には、ARKQが27,350株、ARKWが62,048株を買い増していました。

市場が引けた後、ブルームバーグとのインタビューで、キャシー・ウッド氏は次のように述べています。「ライドヘイリング市場(自律運転によるライド・シェア・タクシー市場)は7兆ドルの収益機会になると考えています。現在、ライドヘイリング企業は、時価総額を累積的に引き上げています。世界で約2億ドル。私たちが正しければ、テスラは自律型タクシーネットワークを行うことになるために米国でポールポジションにあります。自律型は自然の地理的独占に服従する予定です。したがって、米国ではテスラに対する信頼が高まっています。」

ウッド氏は最近、市場の修正を期待していると述べています。

ARK ETF「ARKK」とテスラ株のパフォーマンス比較

(6か月間:~2021/2/26)

ARKの保有株状況

またARK社(アーク・インベストメント・マネジメント)は24日、直近の高値から60%以上下落したワークホース・グループ(NASDAQ:WKHS)の株を買い増しました。ARK Autonomous Technology & Robotics ETF (BATS:ARKQ)のためにWKHSの660,500株を購入しました。このポジションは現在、ファンドのほぼ0.25%を占めています。WKHSは、2月4日に記録した40ドル/株以上の直近高値から急落していました。24日に、同社はずっと必要とされていたUSPSとの契約でオシコシに敗れ、WKHSが再契約しようとしたので、昨日も売りが続いていました。

「彼らはトラックを手作りで作っているので、USPSの注文を満たすことができず、試作品が壊れただけでなく、USPSの従業員が負傷し、工場を訪問したときには、従業員が顧客のために積極的にトラックを作っていないと言っていた老朽化した施設を発見しました。」と空売り専門のファジー・パンダ・リサーチは報告していました。多くの空売り業者が昨年、USPSとの契約の可能性を疑問視していました。

ARK社はまた、史上最高値近くで取引されているスナップ(NYSE:SNAP)の株式を150万株以上購入しました。内訳は以下の通りです。

  • ARKイノベーションETF(NYSE:ARKK)に1,204,432株
  • ARKネクストジェネレーション・インターネットETF(NYSE:ARKW)に310,043株

WKHSはオープン前に7%上昇しており、SNAPは1.5%安、ARKKは2.4%安、ARKQは2.4%安、ARKWは2.1%安となっていました。

ARK ETF「ARKK」と主要保有株の価格推移

(過去6か月間~2021/2/26)

出所:Yahoo.com/Financeより

ARK ETFの今後の見通し

ARK社(アーク・インベストメント)のETFに対する売り圧力がかかっていましたが、下げ局面で、ARK社は主力投資先であるテスラ株を買い増していっていました。ARK社までも、CEOのウッド氏は強気姿勢を変えていません。ARK社のETFは他の通常のパッシブ型のETFと違い、ARK社ティブ型の運用を行っています。勝手に、保有構成銘柄を変えられるというものですから、解約イコール売り圧力というものではありません。

むしろ下げ局面では、最も強気の個別株のウェイトを増やすことができます。通常、1個別銘柄の構成比上限は、10%ですが、ARKKにおけるTSLの比率は8.72%となっています。下がればもっと買い増してもおかしくなさそうです。力技です。因みに、キャシー・ウッド氏は先週ビットコインに関しても非常に強気なコメントしていました。この週末には、下院でバイデン案の1.9兆ドル追加経済対策が通りました。この先2週間を目安として、上院で審議されます。すんなり上院で承認されるとは思いませんが、承認されれば株式市場には明らかに下支え材料となります。

2月28日のブルームバーグには、興味深い記事がありましたので、報告します。

ブルームバーグの記事より

一部の株におけるキャシー・ウッドの力は、見た目よりもさらに大きい

記者:クレア・バレンティンとサラ・ポンチェク
2021年2月28日

キャシー・ウッドの荒れた一週間は、ARK社・インベストメント・マネジメントがそれほど多くの企業ではなく、多くの現金を保有していることをウォール街に思い出させている。実際、いくつかの銘柄では、ARK社の優位性は見かけ以上に大きいかもしれない。ブルームバーグがまとめたデータによると、ARK社は現在、取引所上場ファンドを通じて少なくとも29社の株式の10%以上を保有しており、2週間前の24社から増加している。

日興アセットマネジメントは、ARK社に少数株主として出資している日本企業であり、同社はいくつかのファンドのアドバイザーとして提携している。日興アセットマネジメントと日興アセットマネジメントを合わせた場合、日興アセットマネジメントは少なくとも3つの事業の25%以上を保有していることになる。コンピュージェン社、オルガノボ・ホールディングス社、インテリア・セラピューティクス社の3社を合わせても25%以上の株式を保有している。さらに10社を合わせて20%以上の株式を保有しています。

ダブルアップ
ARK社と日興は3社の25%以上をまとめて保有している。

このような集中が見られるのは、日興のいくつかの製品が、ARK社が提供する投資助言を受けた投資信託を発効しているからです。ウッドが2014年に設立した会社は、ゲノミクスやフィンテックなどの破壊的なテーマに投資しています。これらの新興テーマに適した銘柄は限られており、また、ウッド氏は新たな資金の獲得に成功しているため、その多くが同じ企業に殺到しています。

「ARK社は、日興の一部の商品に対して投資助言サービスを提供しており、日興はARK社の商品の販売代理店である」と米国の広報担当者は述べています。ARK社のウェブサイトでは、「日興アセットマネジメントとの提携により、日本でも5の戦略を提供しています」と記載されています。

ARK社と日興アセットマネジメントは、集中リスクに関するコメントを求められても応じなかった。ARK社と日興アセットマネジメントはコメントを求められても回答していない。しかし、このような株式保有の集中は、意図しない結果を招くのではないかとの懸念を一部の方面からかき立てている。

モーニングスターのETFリサーチのグローバル・ディレクターであるベン・ジョンソン氏は、「最大のリスクは、彼らのフットプリントに関係している」と述べている。「軽く踏んでいても、市場に何らかの影響を与え、価格を押し下げることになるだろう。」

言い換えれば、ファンドの流出は、ARK社と日興が保有する株式を売却せざるを得なくなった場合、その株式に多大な影響を与える可能性があるということだ。

今のところその兆候はない。ウッドの主力ファンドであるARK社・イノベーションETF(ARK Innovation ETF)、ARK社・ジェノミック・レボリューションETF(ARK Genomic Revolution ETF)、ARK社・ネクストジェネレーション・インターネットETF(ARK Next Generation Internet ETF)の3つのファンドは、利回りの上昇と高額なバリュエーションがテックセクターに打撃を与えたことから、今週は記録的な資金流出の軌道に乗っていますが、明らかな伝染は見られませんでした。ARKKは4日間の低迷の後、金曜日には0.7%上昇し、週次の損失は14.6%となった。

ウッド氏はメガキャップ株を使って、同社が受け取った山のような現金を吸収してきたため、ARK社が流動性の低い銘柄に与える影響は限定されるだろう。、このような保有比率の集中は、ARK社と日興証券およびその投資家にとってリスクとなることが懸念されています。保有比率の高いセクターのいずれかが下落すれば、ARK社と日興の投資家は保有比率を下げざるを得なくなる可能性があり、それが引き金となって株価が下落し、それに伴い売却が増える可能性があります。

「懸念されるのは、パフォーマンスが低下し、投資家がARK社のファンドから撤退し始め、最終的には償還につながることです」と、アドバイザリー会社であるETFストアのネイト・ジェラシ社長は述べています。これは大規模な大規模ETFにとっては問題ではありませんが、より集中して小型株を保有しているETFにとっては、絶対に負の圧力がかかる可能性があります」と述べています。

一般的に、ARK社が大きく保有している企業の空売り金利は平均よりも高くなっていますが、それが保有に対する懸念と関連しているのか、それとも単にリスクの高い賭けをしているからなのかは断言できません。IHS Markit Ltd.のデータに基づいてブルームバーグが計算したところによると、ARKKの保有銘柄の浮動株に占める空売り比率の平均は4.4%でした。ラッセル3000銘柄の平均は3.4%、ラッセル1000銘柄の平均は2.3%です。

しかし、オプション市場を見ると、空売り派はまだ飛び込んできていないことがわかる。ARKKが10%以上保有している29銘柄のうち、過去5日間の平均でコールよりもプットの方が多く取引されているのは5銘柄のみです。プットの取引は全般的に増加していますが、平均プット対コール比率は0.7で、ラッセル3000株の半分強となっています。

おそらくそれはキャシー・ウッド氏に対する賭けが過去にうまく機能していなかったからかもしれません。ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、エリック・バルチュナス氏は今週のノートにこう書いている。「このファンドの資金流出が続くことはほとんどなく、過去にはディップが買い手を引き付ける傾向があった」と書いている。

最新情報をチェックしよう!