グローバルX(LIT)はリチウム&バッテリーテック株に投資するETF

ETF
ティッカーLIT
設定日07/22/10
費用率0.75%
資産残高$3.05B
平均取引額$64.06M
平均スプレッド0.10%

グローバルX(リチウム&バッテリーテック)とは?

グローバルX(リチウム&バッテリーテック)LIT/Global X Lithium & Battery Tech ETFは、リチウム産業に関わる様々な企業へのエクスポージャーを提供することで、今後数年間で市場の急成長が期待される商品へのエクスポージャーを提供します。リチウムは、多くの「次世代」技術に使用されており、技術の向上により価格と需要が増加すると考えられます。LITは、基礎となる天然資源のレバレッジド・プレイとして取引されることが多く、リチウム市場に賭けるための不安定だが潜在的に強力なツールとなっています。

このETFは、リチウムと電池の業界で最も著名な企業を含むことで、リチウムと電池の業界全体に分散しています。1億台以上の電気自動車が世界の道路を走ることが予想されており、これがETFの大きな成長要因となっています。バリュエーションは依然として高いままですが、ETFは十分に分散されているため、投資家のリスクを軽減することができます。LIT ETFが史上最高値から20%以上下落していることを考えると、このディップは買いのチャンスかもしれません。

Global X Lithium & Battery Tech ETF (LIT)は、投資家に個別のリスクを分散しながら世界のリチウム・電池市場に投資する機会を提供します。このETFは、世界的な採掘と電池セル製造のためのリチウム抽出に従事する20~40社を追跡する時価総額加重型のインデックスです。したがって、投資家はマイクロキャップの傾向を持つことになります。このETFの平均加重時価総額は760億ドル、経費率は0.75%で、投資時の初期費用に相当します。また、このETFは0.6%の年間配当を行っています。

このETFは非常によく分散されています。このETFには、中国と米国を中心とした10カ国の企業が含まれています。2020年は電池メーカーや電気自動車メーカーが好調で、欧州では政府の補助金があったこともあり、世界的に空前の需要があったため、市場全体を上回る結果となりました。しかし、ハイテク株市場は、史上最高値から大幅に下落し、現在は20%以上の下落となっています。しかし、リチウムイオン電池市場の巨大な成長を見れば、ETFは長期的に回復するはずです。

このように、今回の下落は、急速に成長している電池製造業界へのエクスポージャーを求め、ある程度のリスク許容度を持つ投資家にとっては、絶好の買い場となるかもしれません。

リチウム価格は上昇中

リチウム価格は今年に入ってから急上昇し始めています。2019年、20年は供給過剰により価格が低迷していましたが、底打ちして上昇局面に入っています。この先数年は、電気自動車や家庭用蓄電池向けに、リチウム電池の需要は急激に増大します。現在のところ、最も効率が良く安価なのは、リチウム電池です。個体電池も期待できますが、まだ何年も先のことでしょう。

リチウム価格推移

出所:Tradingeconomics.com

グローバルX(リチウム&バッテリーテック)の保有銘柄(上位15銘柄)

ティッカー銘柄名称保有比率
ALBAlbemarle Corporation12.02%
2460Ganfeng Lithium Co., Ltd. Class A5.97%
TSLATesla Inc5.65%
6400Samsung SDI Co., Ltd5.46%
300750Contemporary Amperex Technology Co., Ltd. Class A5.35%
300014EVE Energy Co. Ltd. Class A5.11%
6752Panasonic Corporation4.97%
SQMSociedad Quimica Y Minera De Chile S.A. Sponsored ADR Pfd Class B4.73%
51910LG Chem Ltd.4.62%
1211BYD Company Limited Class H4.57%
300450Wuxi Lead Intelligent Equipment Co. Ltd. Class A4.48%
MINMineral Resources Limited3.88%
2812Yunnan Energy New Material Co., Ltd. Class A3.85%
2371NAURA Technology Group Co Ltd Class A3.15%
ENSEnerSys2.83%
出所:ETFDB.com

グローバルX(リチウム&バッテリーテック) 国別の構成構成

中国30.36%
アメリカ22.20%
香港12.80%
韓国11.67%
日本7.00%
オーストラリア6.00%
チリ4.81%
ドイツ2.00%
台湾1.81%
オランダ0.77%
出所:etf.com

Albermarle Corp. (NYSE:ALB)

ETFの最大の保有銘柄であるAlbermarleは、高度な特殊化学品の開発、製造、販売を行っています。同社の3つの主要セグメントは、リチウム、アドバンストマテリアル、リファイニングソリューションです。同社は、ジョイントベンチャーとともに、世界各地に31の生産・研究施設を運営しています。収支が減少しているにもかかわらず、アルバーマーレの株は前年比で160%近く上昇している。

Ganfeng Lithium(OTCPK:GNENY)

中国を拠点とする企業で、リチウム製品の研究・開発・生産を行っています。主な製品は、リチウム化合物、リチウム金属、リチウム電池です。これらの製品は、主に電気自動車、化学薬品、医薬品などに使用されています。同社は、国内および海外で事業を展開しています。上海の取引所に上場している同社の株式は、前年同期比126%増となっています。

サムスンSDI(OTCPK:SSDIY)

サムスングループの旗艦企業として、二次電池の製造・販売を行っている韓国企業。同社のエネルギーソリューション事業部の製品には、携帯電話用バッテリー、自動車用バッテリー、電力貯蔵装置などがある。2020年には売上高が15%増加し、株価は1年で185%上昇した。

パナソニック株式会社(Panasonic Corp. 東証6752)

日本の多国籍企業で、幅広い電子機器を扱っている。自動車・産業システム部門では、自動車用電動システムの開発・製造・販売を行っている。ここでは、最も著名な顧客であるテスラが最近、リチウムイオン電池の契約を2022年まで延長することを発表した。パナソニックの株価は、前年同期比で77%上昇している。

テスラ(NASDAQ:TSLA)

この分野で最も著名な企業であるテスラは、電気自動車を製造し、エネルギー事業を通じて太陽光発電装置を設置・販売しています。また、同社は人工知能にも取り組んでおり、その統合されたソフトウェアによって自動車の自動運転を実現しています。株価は史上最高値から25%下落していますが、大ヒットした1年で500%以上の上昇を記録しています。

グローバルX(リチウム&バッテリーテック)のパフォーマンス

グローバルX(リチウム&バッテリーテック)ETFは、金融緩和政策がLITに含まれるような成長産業を優遇したため、市場全体や競合するETFを大きくアウトパフォームしました。さらに、持続可能な企業に対する投資家の需要が高まったことも、このETFのパフォーマンスに貢献しました。

ナスダック・インデックスが63%の上昇にとどまっているのに対し、LITは昨年から165%という驚異的な上昇を記録しています。最も注目すべき(そして似たような)競合相手であるAmplify Lithium & Battery ETF (BATT:日本での取り扱いはありません)は、131%の上昇となりました。このETFもまた、リチウム・バッテリー業界に焦点を当てていますが、保有銘柄の観点からは異なるアプローチをとっています。その中で、BATT ETFの最大の保有銘柄はBHPグループで、それにテスラが続いています。その最大の持ち株が86%しか上昇していないので、パフォーマンスの違いを説明することができます。

Global X Autonomous & Electric Vehicles ETF (DRIV)はフォーカスが異なりますが、この2つのETFはともにテクノロジー関連の保有銘柄を含んでいるため、このETFを含めることが適切だと考えました。このETFも、広範なテクノロジー指数をアウトパフォームしていますが、LITよりも30%少ない利益となっています。ここでは主に、Microsoft、Intel、Alphabet、Appleなど、ほぼ米国の大規模なテクノロジー企業に集中しています。歴史的な観点から見ると、LIT ETFは2010年の設立以来、約80%の利益を上げています。これは、同時期のS&P500の10%と比較すると、平均CAGRリターンは約6%となります。

グローバルX(リチウム&バッテリーテック)のパフォーマンス

出所:Yahoo.com/finance

グローバルX(リチウム&バッテリーテック)のバリュエーション

パフォーマンスと同様に、対象企業のバリュエーションも年間を通じて上昇しています。しかし、上位10銘柄のバリュエーションを見ると、その差は歴然としています。Ganfeng LithiumやTeslaは売上高の20倍以上の価格で取引されていますが、他の保有企業は売上高の10倍以下で取引されています。パナソニックは、売上高の0.5倍とさらに割安であり、潜在的な成長性に関してはかなり割安に見えます。テスラは、ファンダメンタルズの観点からは過大評価されていますが、毎年の成長率(40%増)と技術革新におけるリードにより、間違いなく高いプレミアムに値します。一方、Enersys、BYD、Albemarleなどの企業はバリューに近いと思われ、将来的にもっとアップサイドがあるかもしれません。

全体として、グローバルX(リチウム&バッテリーテック)ETFの株価収益率は67で、S&P500のPER40よりも高くなっています。これは当然のことであり、LITの長期的な投資家を心配させるものではありません。成長産業の企業は通常、長期的な成長に投資するために利益を見送ります。私は、割安な企業と割高な企業の両方を含むことでバリュエーションのバランスを取ったETFの構成を気に入っています。

グローバルX(リチウム&バッテリーテック)のリスク

前述したように、パンデミックによる金融政策の影響で、LITに組み入れられている企業は、成長株に大量の資金が流入しました。その結果、このETFは設立以来最高の年となり、投資家に170%という驚異的なリターンをもたらしました。しかし、直近の20%近い下落は、超成長産業であるにもかかわらず、これらの企業には限界がないことを示しています。今後、ワクチンの普及により世界経済の回復が続けば、金融政策の変更が行われるかもしれません。その場合、投資家は配当や収益性を求めて成長性の低いバリュー株に資金を再配分する可能性があります。ETFはこのような傾向に見舞われ、パフォーマンスが大きく低下することになります。さらに、ヒストリカルチャートに見られるように、ETFは過去10年間で乱高下しており、ボラティリティの高さを指摘しています。

グローバルX(リチウム&バッテリーテック)の評価

今後数十年の間に電気自動車が急速に普及することで、リチウムとそれを補完する電池の世界的な需要は急激に増加すると考えられます。実際、2020年には500万台しかなかった電気自動車が、2030年には1億2,000万台以上になると予想されています。当然のことながら、世界のリチウムイオン電池の市場規模は、2027年には1,290億ドルに拡大し、年率18%で推移しています。

LIT ETFは、世界の大国の中で最も有望な企業を組み入れることで、この成長を捉えるのに適したポジションにあると考えられます。このETFは、他のETFや市場全体を大きく上回り、投資家に報いてきました。しかし、過去のパフォーマンスはボラティリティが高いことを示しており、長期的な利益を得るためには、時折、急激な下落が起こりえます。

グローバルX(LIT)は日本国内のどこの証券会社で買えるの?

グローバルX(リチウム&バッテリーテック)LIT/Global X Lithium & Battery Tech ETFは、マネックス、SBI、楽天証券で取り扱っています。IG証券ではCFD取引が可能です。

最新情報をチェックしよう!