CFDとは?わかるCFD取引初心者入門

CFD

初めてでもわかるCFD取引とは?

CFDは現物資産を保有することなく、価格の変動で利益を目指す差金取引が前提になります。CFDに必要な投資資金は証拠金を担保に取引をするためわずか1万円程度から。投資初心者の方でも始めやすい金融商品かもしれません。少ない元手で世界中の株価指数、外国株式、金・原油のような商品など、様々な資産に投資することができます。

CFDとは?

投資家やトレーダーの間で人気が沸騰しているのがCFD(シーエフディー)です。CFDとは“Contract For Difference”の頭文字を取った略語になります。CFDはFXと同じように予め証拠金を証券会社に預託し、取引対象商品の現物の受渡しはせず、新規決済の価格差による売買差損益のみを受払いする取引です。

CFDの特徴

CFDはすでに一般的になっている金融商品であるFXと同じように、現物資産を購入することなく、売り買いの価格差で利益を目指す差金決済を前提にしています。またCFDは世界中の金融資産(為替、世界中の株価指数、米国株や日本株、中国株など)に投資、トレードができる金融商品で買いからだけでなく売り(空売り)からも取引をスタートできます。CFDは豊富な取扱銘柄があるため、世界中のあらゆる銘柄(アセット)を投資チャンスに変えることができ、世界中のマーケットで24時間、利益をあげるチャンスが圧倒的に広がるのでおすすめです。


CFDで取引ができる銘柄(※各証券会社により異なります)

CFDの始め方とやり方

CFDはFXと同様にCFDが取引できる証券会社に口座をもつ必要があります。取引できる証券会社はFXで馴染みがあるネット証券会社が多いです。

基本的な取引ルールはFXと同じようにレバレッジ(株価指数の場合は上限10倍)をかけられ、買いからでも売りからでも始めることができます。日経平均株価やNYダウなどの株価指数や金や原油などの商品、その他あらゆる銘柄が取引できます。

*為替(FX)もCFDの中のひとつの銘柄とも言えます。

CFDとFXの共通点

CFDはFXと非常に近い感覚で取引できますので、初めての初心者の方でもそんなに迷うことなく始めることができると思います。共通点と違いをあげてみます。

共通点  ・レバレッジをかけて資金効率高く取引ができる
・下落局面でも売りから入って利益を得ることができる
相違点・最大レバレッジは銘柄ごとに違う
・取引する銘柄によりポジション保有時に金利に相当するコスト(ファンディングコスト)を払う必要がある。FXのマイナススワップのようなもの)。

CFDと株の信用取引の違い

株の信用取引は日本の取引所に上場されている個別株のみ取引しか取引できませんが、CFD取引は日本の個別株、アメリカ・欧州・中国など世界中の外国株、株価指数、商品先物など幅広い銘柄が取引できます。
信用取引は取引所取引なのに対してCFDは相対取引です。価格はCFDを提供している証券会社が、世界中の取引所や証券会社が提示している現物価格を参照して、価格生成を行い投資家に価格提示しています。

CFDで必要な投資資金は?

CFDにかかる投資金(証拠金)を見てみましょう。必要な最低証拠金は銘柄によって異なっており数百円~数万円です。

CFDで人気の銘柄の投資金(最低必要証拠金)

GMOクリック証券のCFDの場合

原油約1,200円
日経225約20,000円
米国30(NYダウ)約25,000円
米国NQ100(NASDAQ)約91,000円
米国S500(S&P)約30,000円
※最低必要証拠金額は2020年4月の平均値となります(GMOクリック証券調べ)。
※最低必要証拠金額は相場の状況や為替レートにより変動します。

CFDで人気の銘柄

GMOクリック証券のCFD~2021年6月CFD売買代金ランキングをもとにCFD投資家が取引をしている人気銘柄をご紹介します。

総合ランキングでは「米国NQ100」が首位となり、「日本225」「原油」が続きました。

バラエティCFDランキングはいわゆるVIX指数「米国VI」が首位、外国株CFDランキングでは「テスラ」が首位となっています。

CFD取引全銘柄の売買代金ランキング上位5位

1位 米国NQ100
2位 日本225
3位 原油
4位 金スポット
5位 米国30

バラエティCFDの売買代金ランキング上位5位

1位 米国VI
2位 米国VIブルETF
3位 米国VIベアETF
4位 金ブル2倍ETF
5位 米国30ブル3倍ETF

外国株CFDの売買代金ランキング上位5位

1位 テスラ
2位 Amazon
3位 マイクロソフト
4位 Alphabet(旧Google)
5位 Apple

個別株より米国や日本の株価指数、金原油などの商品先物のほうが値動きを予想しやすい局面が多々あります。相場の局面局面でCFDが取引できる口座を用意し世界の株価動向にも常に目をむけ、チャンスを逃さないようにしましょう。

CFDが取引できる証券会社

CFDが取引できる各証券会社とも取引ツールや情報配信サービスを無料で提供し、顧客満足度を高める企業努力をしています。また取引ができる銘柄も様々。世界中のマーケットをチャンスに変えるためには、証券会社の選択は個人投資家にとって、一番最初に訪れる大切なプロセスです。

おすすめ! CFDが取引できる国内ネット証券口座

GMOクリック証券 

CFDを始める投資家のほとんどが最初に口座開設をする。CFDやFXで有名な総合ネット証券会社。取引コストは業界最安水準を誇ります。初めてCFDを始める投資家向けのCFD口座の登竜門です。

IG証券 

ロンドン証券取引所に上場する総合金融サービス企業IGを親会社に持つ、日本のCFDリーディングカンパニー。取扱い銘柄数は国内最多の12,000銘柄以上。本格的にCFDを取引したい方、中上級者まで満足のいくCFD口座です。

楽天証券

CFDやFX以外にも株式投資、先物、ETFなどあらゆる金融商品の取引が可能な総合ネット証券会社。世界中の投資家に人気の高機能取引ツールMT4で取引が可能。

CFD口座選びの3つのポイント

スマホアプリの使いやすさ

24時間いつでも取引できるのが魅力のCFDだからこそ、スマホアプリが使いやすいかどうかは大切なポイントです。サラリーマンの方なら外出中や仕事中、主婦の方なら家事の合間など隙間時間でちょこちょこ快適に取引できる環境が重要です。

取引できる銘柄が豊富

ひとつの口座で世界中の株価指数と個別株、為替、コモディティーがワンストップに投資できるのもCFDの魅力。世界中のマーケットをチャンスに変えるため取引できる銘柄が豊富なことも重要です。

高性能な取引ツール

CFDでも取引ツールは重要です。トレード成果に直結するものだけに、徹底的にこだわるべきポイントです。価格の見やすさ、チャートのカスタマイズ性、スピーディーな発注が可能かなど高性能なツールも重視するべきでしょう。

最新情報をチェックしよう!